ここから本文です

大阪都構想 2度目の住民投票実施の見通し

5/26(日) 1:21配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

大阪都構想について維新と公明は「賛成」の立場で議論することで合意した。来年秋にも住民投票が実施される見通し。

維新と公明の幹部は、この一週間で3回もの会談を行い、最後の会談後そろって会見を開いた。その中で公明は、都構想に賛成し、1年後をめどに法定協議会で協定書をとりまとめ、維新は住民サービスの維持や費用を抑えることなど公明が要望する4項目に応じることで合意したとした。

大阪維新の会・松井一郎代表「公明党と建設的な議論をし、最終的には(住民投票で)みなさんに判断を頂きたい」

公明党大阪府本部・佐藤茂樹代表「住民のみなさんに、しっかりと最後ご判断いただくに資するよい協定書を、維新の会のみなさんと作り上げてまいりたい」

これで、来年秋にも、2015年以来2度目となる住民投票が実施されることが、ほぼ確実となった。

最終更新:5/26(日) 1:44
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事