ここから本文です

トランプ氏「これまでにないほどいい関係」

5/26(日) 6:59配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

アメリカのトランプ大統領が25日、令和になって初の国賓として来日した。大統領は到着後、「日米はこれまでにないほどいい関係を築いている」との認識を示した。

トランプ大統領は、25日、メラニア夫人とともに羽田空港に降り立った。その後、財界人を招いた夕食会でアメリカへのさらなる投資を呼びかけたほか、日本に対する貿易赤字の削減に改めて強い意欲を示した。

トランプ大統領「日本は長年優位に立ってきた。貿易はもっとフェアなものにできるはずだ」

ただ、今回の来日は貿易問題だけを取り上げるのではなく、令和の時代を祝うためとし、日米はかつてない緊密な関係だと強調した。

トランプ大統領「日米はこれまでにないほどいい関係を築いている。安倍首相との関係は特別だ」

26日は安倍首相とともにゴルフをした後、大相撲を観戦し、優勝力士には特注のトロフィーを手渡す予定。これについてアメリカ政府高官は、高さ約1.4メートル重さは30キロ程度だと明らかにした。

そして、27日は訪日のメインイベントである天皇皇后両陛下と面会し、宮中ばんさん会にも出席する予定で、日本の唯一の同盟国トップとして手厚いもてなしを受ける。

また、首脳会談では北朝鮮情勢をめぐり、進展しない拉致問題についても対応を協議するほか、アメリカとの緊張が高まる中東イランに、安倍首相が訪問を検討していることについても意見が交わされる見通し。

トランプ大統領は滞在先のホテルからゴルフへと向かう。今回の滞在は、日米関係の緊密さを国の内外に強く印象づけるものになるとみられる。

最終更新:5/26(日) 13:38
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事