ここから本文です

旧民主党議員入党に自民・若手が申し入れ

6/7(金) 15:43配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

自民党に旧民主党の議員が入党するなどの動きが相次いでいることを受け、自民党の若手議員らが入党の手続きを明確にするよう二階幹事長に申し入れを行った。

自民党では二階幹事長が主導する形で、民主党政権で環境相を務めた細野豪志衆議院議員が二階派に迎え入れられたほか、その後も旧民主党に所属していた鷲尾英一郎衆議院議員の入党が認められている。

こうした動きについて、自民党の若手議員からなる青年局では、他の政党に所属していた国会議員の入党について、「プロセスを明確にすべきだ」と主張して、二階幹事長ら党の幹部に提言を手渡した。

自民党・佐々木青年局長「他党時代に自民党を批判して選挙に出ていた、それで当選をした方が、今になって自民党に入ってくるとなりますと、(党員や支持者も)何なんだという思いに陥るわけです」

青年局の提言では、入党にあたって党幹部による審査を行うことや、結果を総務会に報告することなどが提案された。

これに対し、幹部らからは、提言に沿う方向で今後、党の内規の変更など必要な手続きを進めると前向きな回答があったという。

最終更新:6/7(金) 16:25
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事