ここから本文です

日本のEEZで中国漁船が逃走 船長を逮捕

6/10(月) 1:25配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

日本の排他的経済水域(=EEZ)内で、中国の漁船が停船命令に従わず逃走したとして、海上保安庁は、この中国漁船の船長の男を現行犯逮捕した。

9日昼すぎ、小笠原諸島の聟島から西におよそ137キロの海上を航行する中国漁船に対し、海上保安庁が立ち入り検査を行うため停船命令を出したが、中国漁船は従わずに逃走したという。

中国漁船は約2時間後に停泊し、海上保安庁は、船長のリュウビトン容疑者を現行犯逮捕した。

漁船には、あわせて7人が乗船していて、リュウ容疑者は「マグロ漁をしていた」と話しているという。

最終更新:6/10(月) 7:10
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事