ここから本文です

“年金では不足”野党「参院選最大の争点」

6/11(火) 12:35配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

老後の生活には「年金だけでは足りない」などとした金融庁の報告書をめぐり、野党側は追及を強める姿勢で、安倍首相の政権運営にも影響を与えそうだ。

95歳まで生きると夫婦で2000万円が必要とした報告書に、野党側は格好の追及材料を得た形で、「夏の参議院選挙の最大の争点になる」と勢いづいている。

立憲民主党・辻元国対委員長「(年金は)100年安心なんだと(安倍首相が)今でも強弁していること、これにも驚きました。年金は安心だという安心安心詐欺じゃないか。これは最大の参議院選挙の争点になるんじゃないかと思います」

野党側は予算委員会の集中審議などでさらに追及したい考えだが与党側に審議に応じるつもりはなく、どこまで追及できるかは不透明。

一方、自民党は報告書を出した金融庁に抗議するなど危機感を強めている。

自民党・二階幹事長「我々は選挙を控えているわけですから、そうした方々に迷惑を及ぼすことのないように、党としてはしっかり注意していかなければいかん」

ある自民党の中堅議員は「こんな状態で解散したら議席を減らす」と話していて、衆参同日選挙は遠のいたとの見方も出ている。一方で、別の議員は「何が起こるか分からない。同日選が100%ないとは言い切れない」と話していて、この問題は安倍首相の判断にも影響をおよぼしそうだ。

最終更新:6/18(火) 1:05
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事