ここから本文です

“認知症の人との共生”には何が必要か

6/14(金) 4:22配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

認知症の人は6年後の2025年には700万人以上にもなるといわれている。13日夜の深層NEWSでは、認知症の専門家が、政府が「認知症対策大綱」で示す「認知症の人との共生」には何が必要かを解説した。

暮らしネット・えん 小島美里代表理事「認知症の方も、まだなっていない方も、一緒にいられるような空間とか時間をつくっていくことで、(認知症への)偏見、ともかく“怖い病気”だということが一人歩きしすぎているところを、まず払拭することが必要だと思いますね」

東京医科歯科大学・朝田隆特任教授「当事者の人がボケても、普通に生きていけるように、周囲が理解してあげることだと思う」

20年以上、認知症介護の現場で対応してきた小島美里さんは、また、認知症の人との共生を進めるには、「困った人」ではなく「本人が困っている人」だということを周囲の人が理解することが大事だと強調した。

最終更新:6/14(金) 4:22
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事