ここから本文です

久々の登場 “戦争発言”丸山議員が国会に

6/25(火) 18:19配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

「北方領土は戦争で取り返せばいい」と発言した丸山穂高議員が25日、久しぶりに、国会に姿を見せた。体調不良を理由に、国会の聴取に応じて来なかった丸山議員。25日、何を語ったのか。

25日午後3時半頃。およそ1か月ぶりにカメラの前に姿を見せたのは、その発言が問題となった丸山穂高議員。

無所属・丸山穂高議員「自分自身、ぶれずにしっかりと仕事をしていくことで、任期をまっとうしていきたいと考えています。よろしいですか?」

丸山議員といえば、先月、国後島を訪問中に、北方領土について「戦争で取り返せばいい」と発言。

丸山議員「団長は戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか?反対ですか?」

元島民・大塚団長「戦争なんて言葉は使いたくない」

丸山議員「戦争しないと、どうしようもなくないですか」

元島民・大塚団長「いや、戦争なんて必要ないです」

さらに、外出は禁止されているのに職員の制止をふりきって、たびたび外出しようとしたり、建物の外にあった店について「性的なサービスを受けられる店か」と聞くなど、卑わいな発言を繰り返したりしていたという。

与野党はこうした言動を問題視。「国会議員としての資格はない」として、直ちに進退を判断するよう促す「糾弾決議案」を国会史上初めて可決した。

ただ、決議案に拘束力はなく、丸山議員本人は体調不良を理由に国会の聴取に応じず、雲隠れ。

丸山議員側は5月末に「2か月の休養が必要」と説明していたが、2か月もたたない内に、国会に姿を見せた。

安倍内閣への不信任決議案が審議される中、落ち着かない様子で耳を傾ける丸山議員。投票の際には、丸山議員の出席に驚いたのか、どよめきが起きた。

その後、通常は使わない議長席の後ろの出入り口から議場の外へ。

果たして、自身の言動についてどう説明したのだろうか。

◆『Q.2か月の休養が必要ということで休んでいたが?』

無所属・丸山穂高議員「体調が万全というわけではないんですけれども、非常に重要な採決ですので、投票すべきだということで登院しました」

◆『Q.武力で領土を取り戻すという気持ちは本心か?』

無所属・丸山穂高議員「島民の皆さんに対して配慮を欠いていたことについては、何度も謝罪申し上げてまいりました。ただ、いろいろな議論するのは当然あってしかるべきだと思います。議論の一つだと申し上げているだけで、私自身がそうだとは思いません。(G20での交渉で)果たして返ってくるのか、どうか国民の皆さんに見ていただきたい」

◆『Q.議員辞職する考えは?』

無所属・丸山穂高議員「ありません!」

丸山議員は、記者団の質問を切り上げ、その場をあとにした。

最終更新:6/25(火) 20:45
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事