ここから本文です

習主席「安倍首相の考え金委員長に伝えた」

2019/6/27(木) 23:52配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

28日のG20サミット(=20か国・地域首脳会議)を控え、大阪には続々と世界各国の首脳が到着している。安倍首相は27日夜、中国の習近平国家主席と会談した。最新情報を現地・大阪から菅原記者が中継で伝える。

      ◇

27日夜に行われた日中首脳会談の詳しい内容が入ってきた。まず、北朝鮮問題。習主席から先日の北朝鮮訪問についての説明があり、「日朝関係について、安倍首相の考えを金正恩委員長に伝えた」と述べたという。

その上で、拉致問題を含めて、日朝関係改善への強い支持があったという。また、両首脳は朝鮮半島の非核化に向けた連携と国連安保理決議の完全な履行の重要性を確認した。

次に、アメリカと中国の貿易摩擦については、習主席は、会談の冒頭から自由貿易を推進する必要性を強調していた。これは、保護主義的な政策を強めるトランプ大統領をけん制し、G20サミットの議長国である日本に、アメリカに配慮しすぎないようクギを刺した形だ。

習主席からはさらに、貿易摩擦の現状について説明があり、安倍首相は、対話を通じた問題解決の重要性を指摘したという。

会談ではまた、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への反対運動が続く香港の状況について、安倍首相が、一国二制度のもと、自由で開かれた香港が発展していくことの重要性を指摘したという。

28日はいよいよG20サミットが開幕するが、注目は開幕前の朝に行われる日米首脳会談。

最終更新:2019/6/28(金) 1:13
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事