ここから本文です

九州で「災害級大雨」土砂災害や川の氾濫も

7/1(月) 11:53配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

活発な梅雨前線の影響で、九州を中心に大雨が続いており、すでに、土砂災害や川の氾濫などが発生している。

西日本で大雨が続き、特に九州では「災害級の大雨」となっている。3日間の雨量は、宮崎県えびので632.0ミリとなったほか、鹿児島県薩摩川内市八重山でも453.5ミリで、7月として最も多い雨量を記録している。

このあとも、発達した積乱雲が線状に連なる「線状降水帯」ができやすく、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り続くおそれがある。

2日朝までに予想される雨量は、九州南部で200ミリ、九州北部、四国、近畿で100ミリ。4日にかけて大雨が続くおそれもあり、引き続き、土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒が必要。

最終更新:7/1(月) 12:24
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事