ここから本文です

ジャニー喜多川社長、くも膜下出血で死去

7/9(火) 23:37配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

9日午後4時47分、都内の病院でジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川さんが亡くなったことが分かった。87歳だった。6月18日に体調の異変を訴え、緊急搬送され入院中だった。死因は、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血だった。

事務所によると、搬送後は集中治療室で懸命な救命措置を行い、一旦は一般病棟に移ることができ、容体が一時的に回復したが、9日午後4時47分、人生の幕を下ろした。

ジャニーさんは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごすなど、所属タレントに熱心に指導を行ってきた。その姿はプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生だった。

最終更新:7/20(土) 1:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事