ここから本文です

参議院選挙きょう投票日 年金など争点

7/21(日) 1:21配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

第25回参議院選挙は21日が投票日。年金や消費税率の引き上げなどが主な争点で、21日夜遅くには、大勢が判明する見通し。

今回は選挙後の定数245議席の内、選挙区74、比例代表50の合わせて124議席をめぐって370人が立候補した。

年金や消費税率の引き上げ、さらに最低賃金などが主な争点。自民党の二階幹事長らが勝敗ラインに掲げている与党で改選議席の過半数、63議席を超えるのか。さらに、与党と日本維新の会など憲法改正に前向きな勢力が、改正の発議に必要な3分の2以上の議席を維持できるかどうかが焦点。

投票は一部の地域を除いて午前7時から午後8時の間に行われ、即日開票される。21日夜遅くには、大勢が判明する見通し。

ところで、総務省によると、19日までに全国で1417万人が期日前投票を行った。前回の参議院選挙の同じ時期より約7%増えている。

最終更新:7/22(月) 13:40
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事