ここから本文です

参院選 各党の獲得議席(午前4時)

7/22(月) 4:20配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

今回の参院選は、選挙後の定数245議席のうち、124議席をめぐって争われた。22日午前4時時点の各党の獲得議席は次の通り。

残る議席があと3つとなった現在、各党の獲得議席は、自民党が56、公明党は13で、与党が改選議席の過半数「63」議席を超えた。これで安倍首相は、国政選挙6連勝となる。

一方、野党は、立憲民主党が17。国民民主党が6。共産党が7。社民党が1。野党4党が共闘した無所属の統一候補が8。日本維新の会が10。

憲法改正の発議を行うには3分の2以上の議員の賛成が必要だ。今回の改選で、憲法改正に前向きな自民・公明と日本維新の会の3党で「84」議席を確保すれば3分の2を達成するが、現時点で3党の合計は79議席。参議院全体の3分の2議席には届かなかった。

最終更新:7/22(月) 5:49
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事