ここから本文です

岩屋防衛相 「有志連合」は“慎重に検討”

7/22(月) 21:42配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

岩屋防衛相は来日中のアメリカのボルトン大統領補佐官と会談し、アメリカが呼びかけているホルムズ海峡などでの有志連合について慎重に検討する考えを示した。

中東ホルムズ海峡などの安全確保のため、アメリカは船舶を護衛する有志連合を呼びかけている。日本は原油の多くを中東に依存しており、政府は有志連合に参加するかどうか検討している。

ボルトン米大統領補佐官「話し合いは今後も続くだろう。その結果については非常に楽観的だ。非常に建設的な議論だった」

岩屋防衛相「よくその(アメリカからの)提案の中身を精査した上で検討したいというふうに思っています」

また岩屋防衛相は記者団に「まずは地域の緊張を解く外交努力をしっかりやる」と強調した。有志連合への自衛隊の参加には慎重な意見もあり、政府は今後難しい判断を迫られることになる。

最終更新:7/22(月) 22:29
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事