ここから本文です

五輪まで1年 都で大規模な交通規制テスト

7/24(水) 1:30配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

東京オリンピック開幕までちょうど1年となった。暑さや交通の混雑などが課題で、24日は、高速道路などを大規模に規制するテストが行われている。

24日午前0時から24時間、首都高速道路の入り口のうち、新国立競技場に近い「外苑」の上り・下り、選手村に近い「晴海」「新都心」の4か所が閉鎖される。

また、首都圏の高速道路の11か所の料金所でレーン数を減らして渋滞具合を検証するほか、西神田、高井戸など50か所の入り口も交通量が増える場合は閉鎖する。

一般道でも、都心に向かう車の量を減らすため、信号の時間を調整する。

東京大会の期間中は、渋滞を減らして、選手らがスムーズに移動できるよう、東京都などは、車利用の自粛を呼びかけていて、24日と同じ交通規制は26日にも行われる。

最終更新:7/24(水) 10:21
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事