ここから本文です

輸出規制強化めぐり 日韓WTOで議論へ

7/24(水) 6:48配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

WTO(=世界貿易機関)の一般理事会で議題にあがっている、日本の輸出規制強化をめぐり、日韓双方は24日にそれぞれの主張をぶつけ合うことになった。

23日から始まったWTOの一般理事会では、韓国側の要請で日本政府による輸出規制強化が取り上げられることになっており、韓国は、日本の措置の不当性を訴えるとしている。一方、日本側は安全保障上必要な輸出管理の見直しであることなどを説明する予定。

日本・山上信吾外務省経済局長「(輸出規制強化は)WTO協定との関係で問題になるような措置ではない。その点を第三国にわかりやすい形でしっかりと説明していきたい」

韓国・金勝鎬新通商秩序戦略室長「我々の立場を十分に説明します」

会議では複数の議題を扱うため、初日は輸出規制強化についての議論に至らず、日本時間の24日夕方に再開される2日目の理事会に持ちこされた。

日韓両国は、その場で直接、主張をぶつけ合う予定で、双方の訴えが国際社会にどう受け止められるかが焦点となる。

最終更新:7/24(水) 7:29
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事