ここから本文です

「農業バイト」で生活する女性 全国各地へ

8/5(月) 15:05配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

全国各地の農園を回り「農業バイト」で生活をしている女性がいる。これまで20か所以上でバイトをしてきた、そのワケとは?

徳島県のはなみち農園でバイト中の小久保志織さん。徳島に来たのは4月からで、3月は北海道、2月は三重にいた。小久保さんは2016年から農業バイトを始め、これまで22か所の農園で働いてきた。

小久保さん「生活しながら旅しているみたいで、楽しく」

小久保さんは神奈川育ちの35歳だ。パンづくりを仕事にしていたが、自分のペースで自然の中で働きたいと農業を生業(なりわい)にする事を決めた。

都会育ちで、農地もノウハウもなかったため、各地で農業を学ぼうとバイトを始めた。現在働いているはなみち農園は、住み込みで3食付き。収入は月10万円ほどだ。

機械の使い方や雑草の見分け方など、農園主の竹中均さんが農業を教えてくれる。

竹中さん「僕の方も教えがいがあるし、実際に収穫した時の喜びもちょっと違うと思う」

はなみち農園では、農地の一角を小久保さんに無償で貸している。教わったことを生かし、自由に野菜を育てる研究の場だ。収穫した野菜は、家族や友達に送っている。

少しでも多くのことを学ぶため、他の農園の手伝いにも積極的に参加している。地域によって手法が違うため、自分にあった農業を探そうと、小久保さんは全国各地を回っている。

小久保さん「どこにするか決めて、自分の家をもって、農地を持ちたいです」

【the SOCIAL lifeより】

最終更新:8/5(月) 15:49
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事