ここから本文です

大気の状態不安定 長野で突風被害相次ぐ

8/7(水) 11:52配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

6日、全国的に大気の状態が不安定になり、長野県では突風による建物被害が相次いだ。

長野県松本市では、6日午後4時半すぎから、1時間に19.5ミリのやや強い雨が降り、最大瞬間風速16.6メートルを観測した。この影響で、松本市梓川倭の商業施設では、屋根が落ちたり、店のガラスが割れたりする被害が出た。けが人の報告は入っていない。

また、長野市信更町では、宅老所のトタン屋根が風で吹き飛ばされる被害があった。

6日夜の段階で、松本市と長野市であわせて7件の建物被害が確認されている。気象庁は7日、長野市と松本市に職員を派遣して調査を行っている。

最終更新:8/7(水) 12:49
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事