ここから本文です

安倍首相「慎重に検討していく」有志連合

8/9(金) 15:40配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

イラン情勢が緊迫する中、アメリカが参加を呼びかけているホルムズ海峡の安全確保のための有志連合構想について、安倍首相は会見で、改めて慎重に検討していく考えを示した。

安倍首相「この地域の緊張の高まりを、深刻に懸念をしています。日本関係船舶の航行の安全を確保するために、いかなる取り組みが効果的であるか、慎重に検討していきます」

安倍首相はこのように述べ、自衛隊を派遣するかどうかなど、引き続き慎重に検討する考えを示した。

一方、アメリカのトランプ大統領が「不公平だ」としている日米安全保障条約について、安倍首相は「日米双方の義務のバランスはとれている」と述べた。その上で、在日アメリカ軍の駐留経費について、「米国政府関係者は日本の負担を高く評価している」と強調した。

最終更新:8/9(金) 16:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事