ここから本文です

あす西日本に上陸か 台風10号の予想進路

8/14(水) 5:40配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

大型の台風10号は、15日にかけて西日本へ近づき上陸するおそれがある。

台風10号は四国の南にあって、九州や四国、沖縄の一部が強風域に入っている。台風は、15日朝には、九州や四国など西日本へ上陸するおそれがある。

そして、15日夜には山陰沖へ抜けて、16日は日本海を北上する見込み。

予想される風の強さは、九州南部で45メートル、四国で40メートル。予想される波の高さは、四国で10メートル、東海や近畿、九州で8メートルなどとなっている。

また、台風の活発な雨雲がかかり、西日本を中心に大雨になりそうだ。予想される雨の量は、東海で300ミリ、近畿、四国、九州で250ミリなどとなっており、週末にかけての雨の量が1000ミリを超えるところもありそうだ。

暴風や高い波、高潮、大雨による土砂災害に厳重な警戒が必要。また、交通機関が大きく乱れるおそれがある。最新の情報をご確認ください。

最終更新:8/14(水) 6:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事