ここから本文です

台風10号近づく 鹿児島・志布志市は…

8/14(水) 23:47配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

台風が接近し、西日本の各地では雨風の勢いが増してきている。一部が暴風域に入っている、鹿児島県の志布志市の午後11時現在の様子を中継で伝える。

夜が更けるにつれ、雨と風が強まる時間帯が増えてきている。時折、突風が吹いたり、横殴りの雨が降っている。

例年だとお盆の時期は満室の宿泊施設では、14日は台風の影響でキャンセルが相次ぎ、4割程にとどまっているという。客入れ時の今回の台風は痛手だと話していた。

海は白波が立っているのがわかる。波の高い状態が続いている。

台風10号は北上を続けていて、午後11時現在、種子島、屋久島、大隅地方の一部が暴風域に入っている。薩摩地方も一部がまもなく暴風域に入る見込み。

このあと台風は、14日夜遅くから15日未明かけて鹿児島県内に最も近づくとみられる。

午後11時現在、三島村に避難勧告が、霧島市や鹿屋市、曽於市などに避難準備情報が出されていて、県内では午後10時現在、およそ900人以上の人が自主避難をしている。

鹿児島県内は、15日夜のはじめ頃にかけて局地的に非常に激しい雨が降るおそれがある。雨や風が急に強まるおそれもある。早め早めの避難を心がけてください。

最終更新:8/14(水) 23:47
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事