ここから本文です

<台風>山手線など全線再開、ダイヤ乱れも

9/9(月) 12:31配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

9日早朝、千葉市に上陸した強い台風15号の影響で関東各地では記録的な暴風となり、大きな被害をもたらした。これまでに1人が死亡、15人のケガが確認されている。

台風は暴風域を伴ったまま茨城県沖を北東に進んでいる。この台風15号で、首都圏の交通機関に影響が出ている。JR東日本は、首都圏を走る全ての在来線で始発から運転を見合わせていたが、これまでに山手線や埼京線、中央線などが全線で再開した。しかし、正午頃の再開を予定していた湘南新宿ラインと上野東京ラインは、再開が午後5時頃に繰り下げとなった。

また、強風による影響で、JR東千葉駅の駅舎の屋根の一部が飛んで、架線に引っかかっているため、総武本線は運転を見合わせている。私鉄各社は、東京メトロや東急、東武鉄道、小田急電鉄が、全線で運転を再開したがダイヤが乱れている。

一方、一部の区間で始発から運転を見合わせていた東海道新幹線は、午前8時前に全線で運転を再開した。また、東北、山形、秋田、北陸、上越の各新幹線は、始発から運行しているが、強風の影響で遅れが出ている。

さらに空の便は、全日空は国内線55便、国際線2便、日本航空は国内線49便、国際線3便の欠航が決まっている。

交通各社は、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけている。

最終更新:9/9(月) 13:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事