ここから本文です

「温暖環境」と「水」備える惑星 初発見か

9/12(木) 10:55配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

イギリスの大学教授らによる研究チームは、生命の存在に不可欠な温暖な環境と液体の水の両方が備わっている可能性のある惑星を初めて発見したと発表した。

地球から約110光年離れた惑星「K2-18b」は、これまでに地球と似た温暖な環境をもつ可能性があることが分かっていた。

この惑星について、イギリスの大学教授らによる研究チームが特殊なカメラで得られたデータを分析したところ、大気中に含まれる水分の割合から水が液体の状態で存在している可能性があることが新たに分かった。

『K2-18b』研究者「(温暖な)大気と水分の両方が備わっているという点が重要だ。これは初めてのことで、非常に興奮している」

研究チームは、これまで分かっている中で最も生命の存在に適した惑星といえるとしている。

最終更新:9/12(木) 12:29
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事