ここから本文です

東京五輪“カヌー会場”で暑さ対策の人工雪

9/13(金) 15:37配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた、カヌー・スラロームのテスト大会で、観客の「暑さ対策」として、人工雪を降らせる実験が行われた。

カヌー・スラロームの会場での「暑さ対策」の実験は、午前と午後の2回行われ、トラックに設置した降雪機で、およそ1トンの氷を砕いて、観客席などに人工の雪を降らせた。

実験には、大会組織委員会の室伏広治さんやスタッフおよそ160人が参加し、人工雪の冷たさを体験した。

ただ、今回の実験では、会場の気温に変化は出ず、担当者は、「空気全体を冷やすほどのものではないが、楽しんでいただくものとして、使えるのではないか」と説明していた。

最終更新:9/13(金) 16:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事