ここから本文です

停電が長期化 東京電力が電気自動車を派遣

9/16(月) 18:16配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

停電が長期化する中、東京電力は、電気が使えない地域にきめ細かく電源を供給するため、従来の電源車に加え、電気自動車などおよそ40台を現地に派遣した。

千葉県の停電は、地域によっては月末まで続く見通しで、東京電力では全国の電力会社の協力を得て、電源車を集めて電力の供給を行っている。しかし、停電地域からの要望に応えきれておらず、不足分を少しでも補うため、電気自動車などを派遣することを決めたもの。

16日に千葉県に向かうのは、日産やトヨタ、三菱など自動車メーカーが提供した電気自動車やハイブリッド車などおよそ40台。

今後、館山市やいすみ市などを拠点に、公共施設や一般家庭などで、炊き出しから携帯の充電など地元のニーズに合った電力供給を行うという。

最終更新:9/16(月) 18:51
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事