ここから本文です

先週も発生確認の埼玉県で“豚コレラ”疑い

9/17(火) 10:24配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

埼玉県小鹿野町の養豚場で飼育されていたブタが、豚コレラに感染している可能性が高いことがわかった。埼玉県内では先週、秩父市で豚コレラの感染が確認されたばかり。

埼玉県によると、豚コレラに感染している疑いが高いのは、小鹿野町の養豚場で飼育されているブタ。16日に県が立ち入り検査をしたところ、飼育中のブタに異常が見つかり、17日、感染の可能性が高いことがわかったという。

この養豚場は、13日に豚コレラの発生があった秩父市の農場から5.5キロほど離れたところにあり、子ブタ600頭など計1118頭のブタを飼育している。

埼玉県は現在、緊急対策会議を開いていて、24時間以内を目標にブタの殺処分を行うなどの対策をするという。

最終更新:9/17(火) 21:20
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事