ここから本文です

両陛下、新潟の障害者施設で「大凧作り」を

9/17(火) 15:29配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

「国民文化祭」と「全国障害者芸術・文化祭」に出席するため、新潟県を訪問中の天皇皇后両陛下は、地元の高校や特別支援学校などの生徒たちが巨大な凧(たこ)を作るプロジェクトをご覧になった。

17日午前、天皇皇后両陛下は新潟市の障害者施設を訪れ、地元の高校や特別支援学校などの生徒たちが共同で、新潟伝統の巨大な凧に色を付ける様子をご覧になった。

凧は8畳ほどと24畳ほどの大きさのものがあり、天皇陛下は「大きいから色を塗るのが大変でしょう」と声をかけられていた。

それに先立ち、両陛下は脳梗塞などの病気で障害を負った人たちがリハビリに取り組む様子を見守られた。両陛下は、利用者らを気遣いながら、「いかがですか?」、「いつから始められたんですか?」などと目線を合わせて話しかけられていた。

最終更新:9/17(火) 16:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事