ここから本文です

北朝鮮で金丸元自民党副総裁の生誕記念式典

9/18(水) 6:44配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

北朝鮮の首都・平壌で17日夜、日朝関係の改善に取り組んだ金丸信・元自民党副総裁の誕生105年を祝う式典が行われた。

式典には金丸信元副総裁の二男・信吾氏が団長を務める訪朝団61人のほか、日朝関係を担当する北朝鮮の政府高官らが参加した。

金丸団長は式典で「父・金丸信は日朝国交正常化こそ問題解決の近道と考えていた」と述べた上で「圧力だけでの外交成果はなく、いまこそ正常化に向け動くべき」だと訴えた。

訪朝団は今月14日から現地入りしていて、17日は平壌市の地下鉄や大学などを視察した。

平壌市民「我が人民に対して日本が行った罪を反省すれば、朝日関係は良くなると確信している」

訪朝団は18日、宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使と懇談する予定で、安倍首相が前提条件なしに日朝首脳会談を目指す中、宋大使がどのような発言をするか注目される。

最終更新:9/18(水) 7:29
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事