ここから本文です

豚コレラ 豚へのワクチン接種の方向で検討

9/20(金) 1:28配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

農林水産省が、感染が拡大している豚の伝染病「豚コレラ」のワクチンを接種する方向で検討していることが分かった。

「豚コレラ」は、致死率が高い豚の伝染病で、現在、8つの府県で発生していて、これまでにおよそ13万頭が殺処分されている。

先週、関東でも初めて感染が確認されたことなどを受け、農水省は養豚場などの豚へのワクチン接種に向け、検討を進めてきた。

ワクチンを接種すると、国際ルール上、輸出が難しくなるなどのリスクがあるが、これ以上拡大すれば、養豚場の経営が危うくなるほか、豚肉の供給懸念にもつながりかねず、農水省はワクチン接種の方向で検討に入ったもの。

自治体からも接種への要望が高まっていて、今後、ワクチンの増産も検討されることになる。

最終更新:9/20(金) 15:03
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事