ここから本文です

イスラエル首相、連立呼びかけも野党は拒否

9/20(金) 7:16配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

イスラエルのネタニヤフ首相は19日、総選挙で与党が過半数割れの見通しとなったことを受け、最大野党に連立政権の樹立を呼びかけたが、野党は拒否した。

イスラエルの総選挙は強硬派・ネタニヤフ首相の続投が焦点だったが、首相率いる右派「リクード」が議席を減らし、続投を支持する他の政党と合わせても過半数に届かない見通し。

これを受けて、地元メディアによると、ネタニヤフ首相は19日、選挙で第一党を争った中道連合「青と白」に連立政権の樹立を呼びかけた。しかし、「青と白」は首相の退陣が連立の前提として、これを拒否。「青と白」を率いる軍の元参謀総長・ガンツ氏は選挙での勝利を宣言し、「私が統一政府をつくる」と述べた。

来週、大統領が各党の意見を聞いた上で、ネタニヤフ首相かガンツ氏に組閣を指示する見通しだが、新政権発足に向けた連立協議は難航必至。

最終更新:9/20(金) 7:49
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事