ここから本文です

千葉の大規模停電 3600軒まで減少

9/21(土) 22:18配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

台風15号の影響で起きた千葉県の大規模停電の復旧が進んでいる。21日夕方の時点で、3600軒まで減少した。

東京電力によると、千葉県内で一時、約64万件発生していた停電は、21日午後6時の時点で、約3600軒まで減少した。

東電は27日までにおおむね復旧と発表しているが、予定より前倒しで進んでいる。

しかしまだ、南房総市の1300軒をはじめ、君津市、市原市などにある地区で停電が続いている。

なお、東電では、停電復旧後、電気を最初に使う際は、漏電や火災の恐れがあるため、ブレーカーをまずいったん落とし、電化製品のプラグをコンセントから抜いてからブレーカーを入れなおすよう、注意を促している。

最終更新:9/22(日) 6:22
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事