ここから本文です

台風17号 沖縄で19人ケガ 住宅被害も

9/22(日) 1:15配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

大型で強い台風17号は21日、沖縄本島地方などを暴風域に巻き込みながら、東シナ海を北上した。22日以降は、西日本に近づくおそれがあり、引き続き警戒が必要だ。

沖縄本島地方は、21日早朝から台風の暴風域に巻き込まれ、渡嘉敷島では、午前5時前に47.7メートルの最大瞬間風速を観測した。

那覇市や石垣市などで、風にあおられて転倒したり、ドアに指を挟まれたりして、あわせて19人がケガをしたほか、各地で倒木や住宅の一部損壊などの被害が出ている。

また、県内では一時、最大で約4万戸が停電し、その後に復旧が進んだが、22日午前0時半現在、約1200戸で停電が続いている。

一方、那覇空港など県内の空港では21日、発着予定だった200便以上が欠航したほか、沖縄本島内では、バスやモノレールが始発から運休するなど交通への影響も広がった。

最終更新:9/22(日) 1:15
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事