ここから本文です

台風17号、九州北部に最接近 厳重警戒を

9/23(月) 1:11配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

大型の台風17号が九州北部に最接近している。23日は、西日本から北日本の広い範囲で非常に強い風が吹くおそれがあり、厳重な警戒が必要だ。

現在、九州北部や中国地方の一部が暴風域に入っていて、長崎市野母崎と、長崎空港では最大瞬間風速39.1メートルを観測した。

長崎県対馬市では、台風本体の発達した雨雲がかかって非常に激しい雨が降り、50年に一度の記録的な大雨となった所があった。

また、三重県や徳島県でも、1時間におよそ120ミリの雨が降り、記録的短時間大雨情報が出された。

台風はこのあと朝にかけて中国地方にかなり接近しそうだ。そして、23日の日中から夜にかけては、暴風域を伴ったまま日本海を北東に進み、北日本に近づく予想となっている。

台風の北上に伴って、23日は広い範囲で非常に強い風が吹きそうだ。予想される最大瞬間風速は、九州北部と中国地方で45メートル、四国、近畿、北陸、東北、北海道で35メートルとなっている。

また、西日本から北日本の各地で非常に激しい雨が降り、大雨となりそうだ。23日夜遅くまでの予想雨量は、四国と東海で200ミリ、北海道で180ミリ、近畿で150ミリ、東北で100ミリとなっている。

暴風や土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

最終更新:9/23(月) 2:39
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事