ここから本文です

1万棟超の「一部損壊」住宅も国支援対象へ

9/23(月) 14:04配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

台風17号は、温帯低気圧に変わったが、日本海側を中心に暴風や高波に警戒が必要。この温帯低気圧の影響で強風が吹いている千葉県内では、台風15号で大きな被害を受けた壊れた屋根などの補強作業が行われている。

千葉県の鋸南町では、依然としてブルーシートが張られた家屋が目立つが、実際に屋根にのぼって作業できる人は不足している。

23日は、ふだん建築などに携わっていて屋根で作業できる技術を持った災害ボランティアが県外から駆けつけ、ブルーシートなどを補強する作業を行っている。

千葉県内では、住宅の被害が1万2000棟を超えている。このうち、1万棟以上を占める「一部損壊」の住宅については本来、国の支援の対象にならないが、千葉県はこうした「一部損壊」についても国の支援対象となる見通しであることを明らかにした。

最終更新:9/23(月) 14:49
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事