ここから本文です

首相「科学的議論の上に結論を」原発処理水

10/8(火) 21:53配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

東京電力福島第一原発の処理水の処分方法について安倍首相は海洋放出も含めて検討しており、「科学的な議論の上に結論を出す」と明言した。

日本維新の会・馬場幹事長「福島第一原発にかかわる処理水については、ALPS、多核種除去設備をフル活用するとともに、必要な希釈を行えば、これまでと全く変わりない処理水として海洋放出できると考えますがいかがでしょうか」

安倍首相「経済産業省において有識者による小委員会を設置し、海洋放出を含めたあらゆる選択肢について、検討を行っている。今後、政府として、科学的かつ丁寧な議論の上に結論を出してまいります」

安倍首相は、また「科学的な事実に基づき、丁寧な情報発信を尽くすことが何よりも重要だ」と述べ、原発事故による風評被害の払拭(ふっしょく)が福島復興の大前提だと強調した。

最終更新:10/8(火) 22:29
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事