ここから本文です

「あいちトリエンナーレ」会場で器物損壊

10/9(水) 1:46配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

慰安婦問題を象徴する少女像などに抗議が殺到し、中止となっていた企画展の展示が再開された「あいちトリエンナーレ」の会場で8日、商品を壊したとして50歳の男が逮捕された。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、自称、神奈川県の自営業・才重人容疑者(50)。警察によると、才容疑者は8日午後2時頃、名古屋市東区にある「あいちトリエンナーレ」の会場内に設置された仮設店舗で、商品の調味酢1本を壊した疑いが持たれている。調べに対し、才容疑者は「落として壊したのは間違いないが、わざと壊したわけではない」などと容疑を否認しているという。

8月に開幕した「あいちトリエンナーレ」をめぐっては、慰安婦問題を象徴する少女像などを展示した企画展「表現の不自由展・その後」に抗議が殺到し、安全面を理由に開幕から3日で中止となり、8日午後に再開したばかりだった。警察が動機などを調べている。

最終更新:10/9(水) 3:28
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事