ここから本文です

台風19号 今後の進路(11日11時半)

10/11(金) 11:51配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

過去最強クラスの台風19号は、12日、非常に強い勢力を維持したまま、関東や東海に上陸するおそれが高まっている。台風19号の今後の進路予想。

大型で非常に強い台風19号は、今後も勢力を保ったまま北上し、12日(土)の午後には、東海から関東へ上陸するおそれが高くなっている。その後は13日(日)にかけて、北日本の太平洋側を北上する見込み。

12日にかけて予想される最大瞬間風速は、東海・関東甲信で60メートルと記録的な暴風が吹くほか、近畿で45メートル、東北で40メートル、北陸・四国・小笠原諸島・中国・九州北部で35メートルなど、広い範囲で35~45メートルの暴風が吹き荒れる見込み。

また予想される雨量は、ピークとなる12日朝から13日朝までに、東海で600~800ミリ、関東甲信で400~600ミリ、北陸・伊豆諸島で300~500ミリ、東北・近畿で300~400ミリ、中国・四国で200~300ミリなど、記録的な大雨が予想されている。

各地で、甚大な災害が発生するおそれがあり、最大級の警戒が必要。

最終更新:10/11(金) 13:28
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事