ここから本文です

日本郵便 7県一部向け荷物を引き受け停止

10/15(火) 14:05配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

台風19号による物流への影響が広がっている。日本郵便は、東北地方など7つの県の一部地域向けの荷物について、引き受けを停止している。

日本郵便は河川の氾濫などの影響で配達ができないとして、宮城、栃木、長野など7つの県のそれぞれ一部地域向けの荷物などについて引き受けを停止した。

ヤマト運輸は、宮城、長野のそれぞれの一部地域向けの荷物の引き受けを中止している。

佐川急便は、宮城、福島、長野のそれぞれの一部地域で、集荷や配達を中止している。また、関東地方から北海道へ送る荷物の受け付けを止めているという。

停電も続いている。東京電力によると、15日正午現在、千葉県を中心に約2万300軒で停電が続いている。被害が大きい地域を除き、16日中の復旧を目指している。

長野県では約1万1000軒が停電していて、倒木など被害がひどい地域を除き、15日中に約半数を復旧させる方針。

最終更新:10/15(火) 17:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事