ここから本文です

チョ法相辞任から一夜“国論修復”の指摘

10/15(火) 14:09配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

韓国のチョ・グク法相の辞任から一夜明け、韓国メディアでは15日、文在寅大統領に対し、真っ二つに割れた国論の修復を求める指摘が相次いだ。

チョ氏の法相辞任について保守系の大手紙・朝鮮日報は、「怒りと分裂を残した」として、文大統領が国民の分断が深まる事態を傍観したと批判した。また、中央日報は、「もっと国民の声に耳を傾け、二分した民心を落ち着かせるため最善を尽くすべきだ」と指摘している。

一方、文政権を支持する革新系のハンギョレ新聞は、チョ氏と家族をめぐる検察の捜査について、「行き過ぎで苛酷だった点を否定しがたい」とした上で、検察改革が避けられない課題だと強調した。

最終更新:10/15(火) 15:25
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事