ここから本文です

生活保護世帯の健康管理におすすめのゲーム

10/17(木) 13:56配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

知っておきたいデータや情報をひもとく「input」。今回のテーマは「生活保護世帯 半数が高齢者」。厚生労働省の調査によると、2017年度、生活保護を受給している世帯のうち、約半数の53%が高齢者世帯だった。外科医で作家の中山祐次郎氏に話を聞いた。


――中山さん、このデータについてはいかがでしょうか。

生活保護受給者というのは所得が低くて、生活をするのが困難な人が受給するわけですが、そういった人の中で高齢者が半数を占める状況になっています。

これには2つの問題点があって、ひとつは高齢者自体が増えていることで、自然と高齢者で生活保護を受給する人が増えている。

もうひとつは、高齢者の貧困が増えているという問題があります。相対的貧困という言葉がありますが、高齢者で特に独居の方の貧困が増えていて、年金だけでは生活ができないということで、生活保護受給となってしまうというケースが多々あります。


――こうした現状に対して何かできることはありますか。

すぐにするというのは難しいんですが、まずは生活保護になりやすいような、貧困に陥りやすいような世帯の方たちへの制度面でのサポートが大事だと思います。


――また、健康を維持するということも大事だと思うんですが、おすすめの方法というのはあるのでしょうか。

やっぱり予防というのが一番重要なことです。病気になってからは大変なので、まずは健康を維持すること。そのために今、私が注目しているのは“ドラクエウォーク”とか“ポケモンGO”といったゲームと一緒に健康を維持するというような方法です。


――ゲームに熱中してると、ついつい歩いているというゲームですよね。それを楽しみながら、歩いて運動すると。

歩くことというのは、健康にすごくいいんです。ただ歩くだけでも十分健康になれると思いますので、ゲームを使って楽しく歩くというのはいいことだと思います。

【the SOCIAL inputより】

最終更新:10/17(木) 14:25
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事