ここから本文です

二階幹事長 憲法改正「焦ってはいけない」

10/18(金) 23:49配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

自民党の二階幹事長が、18日夜に日本テレビの単独インタビューに応じ、憲法改正について、「早ければ早いほどいいと思うが、焦ってはいけない」と述べた。

二階幹事長「焦ってはダメだと思うんですよ。国民の皆さんがそうしようという気持ちになってね、そうだ、そうだということをおっしゃっていただくような場面というのは、私は一番大事な所ではないかと思うんです」

憲法改正について二階幹事長は、改正に向けた機運を高めるため、全国で集会を開いていく考えを示した。

また、ポスト安倍についても言及した。

二階幹事長「菅さんも立派な将来の人材だというふうに思っております」

二階氏は、菅官房長官もポスト安倍の一人との認識を示した上で、「党内には多くの人材がいるので、競い合いをやっていただきたい」と述べた。

また、岸田政調会長については、「まず、働くことだ。そうすればおのずから道は開ける」と指摘した。

小泉進次郎環境相については、「若いがしっかりしている。将来性がある」と評価した。

最終更新:10/19(土) 1:38
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事