ここから本文です

1.8万軒超の住宅が被害 栃木・佐野市は

10/19(土) 17:29配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

栃木県では都道府県別では最も多い1万8000軒以上の住宅が被害を受けた。栃木・佐野市から中継。

秋山川が氾濫し、この一帯の住宅にたくさんの土砂が流れ込んだ。住民の方は朝早くから清掃作業を行っていて、公園には泥水をかぶった家財道具などの災害ゴミが積み上げられている。

栃木県では都道府県別では最も多い1万8000軒以上の住宅が浸水などの被害を受けた。県は復旧を手伝うボランティアを受け入れているが、18日からの雨で19日は募集をとりやめる自治体も多く見られた。

さいわい、雨による新たな被害は確認されず、栃木市は雨があがった午後からボランティアを受け入れた。

県内の高校に通う女子生徒たちも住宅の掃除や家具の運び出しなどを手伝った。

ボランティアを受け入れた家主「若い力によって非常に助かっています。どうもありがとうございます」

こちらのゴミも市による回収が少しずつ行われているということで、復旧は一歩一歩、進んでいる。

最終更新:10/19(土) 19:24
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事