ここから本文です

韓国・李首相 日韓議員連盟会長らと会談

10/23(水) 16:12配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

来日している韓国の李洛淵首相は23日朝、超党派でつくる日韓議員連盟の額賀会長らと会談し、24日、安倍首相に文在寅大統領の親書を手渡すことを明らかにした。

日韓議員連盟・額賀会長「(李首相は)大統領の親書は預かって参っておりまして、明日の(安倍首相との)会談でお渡しをして、意見交換をすると」

額賀会長によると、会談で両者は今の日韓関係が続くことはお互いにとってマイナスであり、友好関係を取り戻し、地域の安定のために努力する方針を共有したという。

また、いわゆる元徴用工訴訟の問題をめぐり、李洛淵首相は1965年に締結した日韓基本条約や日韓請求権協定について「基本的に守っていくことが前提だ」と強調したという。

日本政府は日韓請求権協定により元徴用工への賠償問題は解決済みとの立場で、韓国政府に対応を求めている。

最終更新:10/24(木) 11:59
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事