ここから本文です

後援会の夕食会は参加者の自己負担~首相

2019/11/15(金) 21:50配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

「桜を見る会」をめぐり安倍首相は、会の前日に行われた後援会の夕食会について費用は参加者の自己負担だったと明言した。

安倍首相「夕食会含めて、旅費、宿泊費等の全ての費用は、参加者の自己負担で支払われております。安倍事務所なり安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ございません」

桜を見る会の前日に都内のホテルで行われた夕食会をめぐっては、野党側が、会費5000円というのは安すぎる、安倍事務所や後援会が差額を補填したのではないかなどと指摘していた。

これについて安倍首相は、「大多数が会場となったホテルの宿泊者であるという事情等を踏まえ、ホテル側が設定した価格であるとの報告を受けている」と説明した。

その上で、参加者と自身の事務所や後援会の間に収支のやりとりがないことから「政治資金規正法上の違反には全くあたらない」との見解を示した。

一方で、桜を見る会の参加者が年々、増加したことについては「プロセスが不透明ではないかとの指摘などがあり、反省しなければならない」と述べた。

立憲民主党・安住国対委員長「後援会活動やったら、その収支はちゃんと報告しないといけないんですよ。総理が一方的にお話しになった話と我々の認識に大きなずれがありますね」

一方、立憲民主党の安住国対委員長は夕食会について、「明らかに後援会の活動である以上、政治資金収支報告書に記載しなかったのは問題だ」と指摘した。

野党側は引き続き、安倍首相に対して国会での説明を求める方針。

最終更新:2019/11/15(金) 22:24
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事