ここから本文です

ゲーム依存 4人に1人が“やめられず”

11/27(水) 21:41配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

スマートフォンなどのゲーム依存に関する調査で、やめなければいけない時にやめられなかったと答えた人の割合が、およそ4人に1人だったことが分かった。

この調査は、国立病院機構・久里浜医療センターが実施し、10歳から29歳の男女5000人あまりから回答を得た。

過去1年間にスマートフォンなどでゲームをした人は85パーセントで、このうち「やめなければいけない時に、しばしば、やめられなかった」割合は23.3パーセントだった。

また、「学業に悪影響が出たり、仕事を危うくしたりしても、ゲームを続けた」と回答した割合は5.7パーセントだった。

こうした大規模な調査は初めてで、久里浜医療センターの樋口進院長は、ゲーム時間が長いほど、生活に支障が出る結果が出たと分析している。

最終更新:11/28(木) 5:39
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事