ここから本文です

北ミサイル2発発射 日本EEZ外に落下か

11/28(木) 18:01配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

28日午後5時過ぎ、北朝鮮が日本海へ向けてミサイル2発を発射したという。

北朝鮮がミサイルを発射したのは先月31日以来、およそ1か月ぶり。日本の防衛省幹部によると、午後5時頃、2発が発射されたという。

韓国軍によると、飛しょう体は北朝鮮の日本海側から東に向けて2発発射されたということで、日本の防衛省は「弾道ミサイルとみられる」と発表している。また、日本政府は落下した場所が日本の排他的経済水域の外とみられるとしている。海上保安庁は航行警報を出して船舶に対して注意を呼びかけている。

北朝鮮によるミサイルの発射は、先月31日に短距離弾道ミサイルを2発発射して以来。非核化をめぐるアメリカとの交渉がこう着する中、北朝鮮は、交渉の期限をことしの年末までに設定していて、今回の発射には、トランプ政権に譲歩を迫るため改めて圧力をかける狙いがあるとみられる。

また、日本と韓国が軍事機密を共有するための協定(=GSOMIA)の失効をいったんは回避したものの、ほころびがうかがえる日米韓3か国の安全保障協力に揺さぶりをかける狙いもありそうだ。

最終更新:11/28(木) 20:20
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事