ここから本文です

高波の影響か…高速船で10人ケガ 鹿児島

12/3(火) 1:28配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

鹿児島県南大隅町で港を出た高速船が大きく揺れ、乗客10人がケガをする事故があった。高波の影響とみられている。

指宿海上保安署によると、2日午後4時45分ごろ、「高速船なんきゅう10号」の船長から、「根占港を出航し指宿港に向かう途中、波の影響で船が揺れ、乗客がケガをした」と消防に通報があった。

船には乗客乗員あわせて57人が乗っていたが、乗客の男性2人、女性8人のあわせて10人がケガをした。

このうち60代から70代の女性5人が、腰や首の骨を折るなどの重傷だという。いずれも命に別条はないという。

調べに対し船長は、「根占港を出てすぐに高波を越えて、海面に強く落下した」と話しているということで、海上保安署が当時の状況を調べている。

周辺の海上には、強風・波浪注意報が発表されていた。

最終更新:12/3(火) 2:55
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事