ここから本文です

高輪ゲートウェイ駅“警備ロボット”導入へ

2019/12/3(火) 18:41配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

JR東日本は、来年春に開業する「高輪ゲートウェイ」駅で、無人の店舗や、警備や清掃のロボットなど新たな技術を導入すると発表した。

山手線の田町駅と品川駅の間で建設されている「高輪ゲートウェイ」駅は、東京オリンピック・パラリンピック前の来年春に開業予定。

この駅についてJR東日本は3日、棚から商品を手にとると自動で支払額が計算され、電子マネーをかざすと決済できる無人の店舗や、警備や清掃、道案内を行うロボットなどの新たな技術を導入すると発表した。

また、駅の開業後に周辺ではオフィスビルやホテルの建設が予定されているが、来年は暫定的なイベントスペースとして使われ、東京大会のパブリックビューイングも行われるという。

最終更新:2019/12/3(火) 20:44
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事