ここから本文です

中曽根元首相の告別式 家族らが最後の別れ

12/3(火) 18:47配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

先週、亡くなった中曽根康弘元首相の告別式が営まれた。

告別式は3日昼、都内でしめやかに営まれ、家族らが見守る中、最後のお別れをした。

長男で喪主の参議院議員、中曽根弘文氏は故人について「『政治家は歴史法廷の被告である』と常々述べ、『だからこそ政治家は長期的視点と大局観が大切だ』と教えられた」と述べた。

自民党の二階幹事長によると、後日、内閣と自民党による合同葬が検討されている。

最終更新:12/3(火) 19:24
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事