ここから本文です

保釈の國母和宏被告 黒い帽子にサングラス

12/3(火) 18:46配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

大麻取締法違反などの罪で起訴されたスノーボード元日本代表の國母和宏被告が保釈された。

大麻取締法違反などの罪で起訴されたバンクーバーオリンピックの日本代表でプロスノーボーダーの國母和宏被告は、3日、保釈金300万円を納め、午後5時前に保釈された。

黒い帽子をかぶりサングラスをかけていて、友人とみられる男性とともにタクシーで東京湾岸署をあとにした。報道陣の前で言葉を口にすることはなかった。

國母被告は逮捕後の厚生労働省麻薬取締部の調べに対し、大麻を輸入したことは認めたものの、営利目的だったことについては否認していた。

最終更新:12/9(月) 1:05
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事