ここから本文です

“北の人権侵害を非難”決議採択 国連総会

2019/12/19(木) 6:44配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

国連総会で18日、日本人の拉致問題を含む北朝鮮の人権侵害を非難する決議が採択された。

北朝鮮の人権侵害を非難する決議は、国連総会の本会議で18日、15年連続で採択された。決議では北朝鮮に対し、日本人拉致事件について正確な情報を提供するよう求めたほか、国民の福祉よりも核・ミサイル開発を追求していると非難している。

北朝鮮・金星国連大使「この決議案は、敵対する国々が北朝鮮の印象を悪くし、政治体制を転換させようとするものだ」

北朝鮮は激しく反発して途中退席したほか、中国とロシアなども採決には参加しなかった。

日本は去年まで決議案を主導して提出してきたが、安倍首相が前提条件をつけずに日朝首脳会談の実現を目指す考えを示す中、今年は共同提案国の一つにとどまった。

最終更新:2019/12/19(木) 6:44
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ